開発中のオンラインゲームに関することを書き綴っています.プログラミング関係の話題が多いですが,よかったら見て行ってください.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

内藤工場長の就活報告

 本来はゲーム関連の話題をお届けする当ブログですが、本日は私の就職活動についてご報告いたします。私の現状ですが、未だ内定は頂いておらず、今も目の前にIT系企業A社のお祈りメールが転がっています。
 お祈りメールとは不採用を通知する手紙ことで、末尾に『○○とお祈り申し上げます。』のような言葉がつくことから、いつの頃からか使われるようになった言葉です。


 受験した会社は社員百数十名程度で、アウトソーシング(業務委託)を事業の中心とするIT企業でした。大企業と比べるとやや個性が強く、会社説明会も部屋の片隅でホワイトボードへ画像を映すという質素なものでした。一方で社員さんのモチベーションは高く、静かながらも職人気質のやる気に満ち溢れていました。
 筆記試験はどうにかパスし一次面接にまでは進むことができました。一次面接も説明会と同じ会場で、二度に分けて行われました。質問内容の概要は以下のとおりでした。やや正確さを欠くかも知れませんがご容赦下さい。


1. 他に受けた企業はあるか、IT企業であれば具体的な企業名を挙げよ。
- やはりライバル企業のどこを受けたかは気になるようです。私の就職活動に対する積極性や計画性、記憶力を問う質問であったとも思います。
2. なぜこの会社へ就職したいと思ったか。
3. 履歴書にある自己PR等を説明せよ。
- 1.に続いて2.3.もどこの会社でも訊かれる質問でした。プログラミング言語やデータベースなど専門的な話でしたので詳しくは割愛します。
4. アルバイトをしたことがあるか。
- これも比較的よくある質問だと思います。やはり会社側としても、労働の対価として賃金を受け取った経験のある人材が欲しいのではないのでしょうか。アルバイト経験がなければ、明白な理由かそれを覆すだけの特技が必要だと思います。
5. 父親の仕事は何か。
- これは珍しい質問かも知れません。父親の仕事について詳しく知っているかで就業に対する意欲を測ろうとしたのではないでしょうか。またコミュニケーションの能力も見ていたのだと思います。

 面接内容はこれだけで、次に別の採用担当の方が出てきて、父親の仕事について同じ質問を繰り返しました。やはり5.の質問は、矛盾なく物事を説明する能力があるかを問うていたのだと思います。
 面接全体の所要時間は30分程度でした。後から出てきた方のほうが部下のようで、態度と言い回しからおそらく不採用であることを教えてくれていたように思います。そのためお祈りメールの到着は予想していましたが、やはりショックであることに変わりはありません。(-_-;)


 私の体験談が役に立つかは分かりませんが、内定まで書き連ねて行きたいと思いますので、どうか温かい目で見守ってください。何か思ったことなどありましたらコメント下さい、お待ちしております。

テーマ : ■就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

2008-10-10 : 就活報告 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

内藤工場長

Author:内藤工場長
 20代前半の男性で,愛知県に在住しています.HNはリネージュ2をプレイしていたときに生産職で,リアル苗字が内藤だったことに由来します.
 大学では情報工学を勉強し,独学でゲームプログラミングも覚えました.画像はサークル活動で作ったゲームのスクリーンショットです.
 中々半人前を抜け出せませんが,ゲームで起業しようと模索中です.
こんな私でも応援して下さってる方々がいらっしゃいます.感謝~~~

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。